エンゲージメント向上施策8選!従業員定着の成功事例も解説!

エンゲージメント向上施策8選!従業員定着の成功事例も解説!

執筆者

産業看護職兼ライターとして活動しています!

2017年に4年生大学を卒業し、看護師として循環器・呼吸器の急性期病棟に就職しました。最先端の治療を行なう医療機関のため、重症の患者様が入院されることも多く、状態の変化が激しいため、チームの一員として患者様の看護や治療の補助にあたり、時には命に関わる救命処置を行なうこともありました。

その中で、入退院を繰り返す患者様を多く見てきたため、退院後の患者様の生活や地域での医療と福祉に興味を持ち、地域包括支援センターの保健師として勤務しました。

忙しくも充実した毎日を過ごしていましたが、私自身が神経系の難病を患ったため、保健師を退職したのち、「今の自分にできることは何か」を考え、産業看護職兼ライターとしての仕事を始めることになりました。

2021年からライターとして活動を始め、産業保健分野を中心に、法律に基づく企業の法令遵守項目や産業保健活動の内容について、80本以上の記事を執筆しています。
記事を読んだ方がすぐに活用・実践できるような内容になるよう、意識して作成しています。

ライターの仕事は、文章を書く楽しさと知識が深まる嬉しさがあるので、今後も経験を重ね、産業保健分野の専門家として、「読んでよかった」と感じていただける文章を目指していきます。

趣味はストレッチ、家計管理、野球・サッカー観戦、ゲームです。どうぞよろしくお願いします!

監修者

働く人の心身の健康管理をサポートする専門家です。従業員の皆さんと産業保健業務や面談対応から健康経営優良法人の取得などのサービスを通じて、さまざまな企業課題に向き合っています。私たちは、企業経営者・人事労務の負荷軽減と従業員の健康を実現するとともに、従業員に対する心身のケア実現を通じ、QOL向上と健康な労働力人口の増加への貢献を目指しています。

「従業員のエンゲージメントとは?なぜエンゲージメントの向上が重要?」
「従業員のエンゲージメントを高めるための方法を知りたい」
「エンゲージメントを高めた企業の事例を知りたい」

上記のような疑問はありませんか?

従業員のエンゲージメントを向上させることは、企業経営の成功に直結する重要な要素です。本記事では、エンゲージメント向上施策のなかでも特に効果的な8つの方法と具体的な4つのステップについて解説し、最後にエンゲージメント施策の成功事例を併せて紹介します。

従業員のエンゲージメントとは?

「従業員のエンゲージメント」とは、従業員が企業や組織に対して信頼や愛着をどれほど持っているかを示す指標のことです。

エンゲージメントの高い従業員は、企業や組織に対して強い関心や熱意を持ち、仕事に積極的に取り組むため、生産性や業務効率が向上し、企業の業績向上に貢献する傾向があります。

エンゲージメントと似ている言葉として「従業員満足度」がありますが、異なる側面があります。

両方とも従業員が仕事や企業・組織に「満足している」点では同じですが、従業員満足度が高いだけの従業員の場合は、強い関心や熱意を持っているわけではないため、全員が仕事に積極的とは限りません。

【あわせて読みたい関連記事】

エンゲージメントとは?企業内での意味や高める方法を徹底解説_イメージエンゲージメントとは?企業内での意味や高める方法を徹底解説

なぜエンゲージメントの向上が重要?

エンゲージメントの向上が求められる背景には、おもに以下の3つが挙げられます。

  • 転職市場の変化
  • 労働者の価値観の変化と働き方の多様化
  • 「人材」を「 人財」とした経営戦略の主流化

現代の労働市場は流動化しており、かつては企業側が労働者を選ぶことができましたが、今は労働者が企業を選ぶ時代に移っています。そのため、エンゲージメントの向上は自社における定着率を高めるための重要な要素となっています。

また、労働者が自身のキャリアを自律的に選ぶ時代になったことや、自分のライフスタイルに合わせて働くことを希望する労働者が増加したことも、従業員のエンゲージメント向上が重視される要因といえます。

そして、人を最大の資源としてとらえ、育成や活用を行なう経営戦略は、従業員のエンゲージメント向上に直結し、組織の持続的な成功に重要な役割を果たすため、密接な関係にあります。

エンゲージメント向上施策8選!

ここからはエンゲージメント向上のための施策として以下の8つの施策を紹介します。実際に、エンゲージメントが高い職場の特徴としても挙げられる内容であるため、必ず確認しましょう。

  • 目標、ビジョンの共有
  • ワークライフバランスの改善
  • 労働環境の整備
  • 社内のコミュニケーションの活性化
  • 人事評価の見直し
  • 従業員のストレスチェック
  • マネジメント力の向上
  • 従業員の主体的な取り組みの後押し

【あわせて読みたい関連記事】

ワークエンゲージメントを向上させるには?測定方法や必要な理由、メリットを解説ワークエンゲージメントを向上させるには?測定方法や必要な理由、メリットを解説

目標・ビジョンの共有

自社の従業員が企業・組織の目標やビジョンを理解し、共有することは、組織全体の方向性を明確にし、エンゲージメントを高めるために重要です。具体的な取り組みとして、以下のような例が挙げられます。

  • 企業の経営陣が従業員に向けた説明会を定期的に行ない、目標やビジョンについて説明する
  • チームごと、従業員ごとに目標を設定し、進捗状況や課題を共有するミーティングを定期的に行なう
  • 目標達成やビジョンに合致した従業員に対して、表彰やインセンティブを提供する

ワークライフバランスの改善

従業員が仕事とプライベートのバランスを取りやすい環境を整備することで、柔軟な働き方が可能となるため、休職率や離職率の低下が期待でき、エンゲージメントが高まります。具体的な取り組みとして、以下のような例が挙げられます。

  • フレックス制度の導入やリモートワークの促進
  • 育児休暇や介護休暇などの柔軟な休暇制度の導入
  • 産業医による面接指導やセミナーなどの健康管理支援

労働環境の整備

快適な職場環境は従業員の集中力やモチベーションを高めたり、労働負荷やストレスが軽減されたりするため、エンゲージメントの向上が期待できます。具体的な取り組みは、以下のとおりです。

  • 快適なオフィス環境の整備(室温、明るさ、騒音、整理整頓など)
  • オープンなコミュニケーションを促進する場所やツールの導入
  • 社内外への研修やトレーニングなどの参加支援

社内のコミュニケーションの活性化

適切なコミュニケーション環境が整備されることで、従業員同士や上司と部下間におけるコミュニケーションが円滑に行なわれ、チームの結束力や従業員の心理的安全性が確保できるため、エンゲージメント向上が期待できます。具体的な取り組みは、以下のとおりです。

  • 円滑な情報共有や意見交換を目的としたチャットツールの導入
  • チームや部署、一対一などの定期的なミーティングの実施
  • アウトドア活動やワークショップ、ランチミーティングなどのイベントの開催

人事評価の見直し

従業員が公平かつ適切に評価されることは、エンゲージメントに直結します。人事評価の見直しにより、従業員の目標達成や成長の機会が得られやすくなります。具体的な取り組みとして、以下の例が挙げられます。

  • 個人、チームごとの具体的な目標設定と四半期ごとのフィードバック
  • 従業員に対する評価基準やプロセスの透明化
  • 360度フィードバックの導入

従業員のストレスチェック

従業員のストレスを定期的に把握し、適切な対策やサポートを提供することで、従業員の健康やモチベーションを維持し、エンゲージメントを高めることができます。具体的な取り組みは、以下の例が挙げられます。

  • 定期的なストレスチェックの実施と分析による課題や原因の把握
  • ストレスマネジメントに関するセミナーの開催
  • 産業医や保健師による相談窓口の設置

マネジメント力の向上

上司や管理職のマネジメントスタイルや能力は、従業員と企業・組織をつなぐ重要な役割を持つため、従業員のエンゲージメントに与える影響は大きいです。具体的な取り組みの例は、以下のとおりです。
※マネジメントスタイル・・・目標達成に向けた特有のアプローチや振る舞いのこと

  • 上司や管理職に向けたリーダーシップ研修やセミナーの開催
  • 上司や管理職に向けたコミュニケーションスキル向上のトレーニングや研修の実施
  • 上司や管理職に対する定期的なフィードバックの実施

従業員の主体的な取り組みの後押し

従業員が自発的に取り組むことを促し、その取り組みを支援することで、従業員のモチベーションやエンゲージメントが高まります。具体的な取り組み例は、以下のとおりです。

  • 従業員自身の目標設定や成果の測定方法に関するセミナーの開催
  • 社内外の研修への参加支援
  • 従業員が考えたアイデアや取り組みを積極的に導入できる仕組みづくり

従業員エンゲージメントを高めるメリットは?

従業員エンゲージメントの向上は、企業・組織にさまざまなメリットをもたらします。ここでは、おもに以下の2つのメリットについて紹介します。

  • 企業の成長につながる
  • 対外的な信用が高まる

企業の成長につながる

エンゲージメントが高い従業員は、仕事に対するモチベーションが高く、より効率的に働いたり、新しいアイデアや改善案を積極的に発信したりするため、組織全体の生産性や競争力の向上が期待できます。

また、エンゲージメントが高い従業員の多い職場では、ポジティブな組織文化が構築されます。それにより、従業員同士の信頼関係が強化されるため、心理的安全性が保たれることで定着率が向上し、業務効率はさらに向上するでしょう。

求人にともなう人件費や教育にかける時間などが削減できると同時に、同じ時間内でより多くの仕事をこなすことができるようになるため、企業全体の業績アップと成長が可能です。

対外的な信用が高まる

従業員が熱心かつ満足して働ける環境が整っている企業は、他社からの信頼も得やすくなります。エンゲージメントが高い企業は、魅力的な職場であるイメージがあるため、優秀な人財が集まりやすく、業績が安定または良くなる傾向があります。

また、エンゲージメントの高い従業員は、自社のサービスや商品をより良いものにするために努力するため、顧客満足度が向上します。

つまり、求職者や取引先、投資家はこういった企業と積極的にかかわりたいと考えるため、社内外問わず、企業の評判や信用が高まるでしょう。

エンゲージメント向上へのステップ

従業員のエンゲージメントを高めるための取り組みを、以下の4つのステップに分けて紹介します。

  1. 従業員エンゲージメントの定義の具体化
  2. 課題の分析
  3. エンゲージメント向上施策の決定
  4. 効果測定・改善

1.従業員エンゲージメントの定義の具体化

従業員エンゲージメントを定義し、どのような要素で測定されるのかを明確にします。従業員エンゲージメントを定義づけるためには、具体的なイメージが重要です。例えば、以下のような例が挙げられます。

  • 組織の目標達成に向けて自発的に行動している状態
  • チームメンバーとのコミュニケーションを楽しんでいる状態
  • スキルやキャリアの成長に積極的に取り組んでいる状態
  • 仕事とプライベートの両立ができている状態 など

2.課題の分析

従業員エンゲージメントを定義づけたあとは、自社の課題の分析を行ないます。従業員の意見やエンゲージメントに与える要因などを調査し、エンゲージメント向上施策の方向性を明確にしましょう。具体的な取り組み例として、以下の方法が挙げられます。

  • エンゲージメントサーベイの実施
  • 従業員離職率と離職理由の分析
  • 組織の文化や労働環境の分析 など

従業員へ調査する際は、率直な意見を得るために匿名性を確保することも大切です。なお、エンゲージメントサーベイについて、詳しく知りたい方は下記の関連記事をご参照ください。

【あわせて読みたい関連記事】

エンゲージメントサーベイとは?調査のおもな目的と実施の流れ、注意点を解説

3.エンゲージメント向上施策の決定

従業員の意見やエンゲージメントサーベイなどの調査をもとに、エンゲージメント向上施策を決定します。調査から得られた自社の課題や従業員のニーズに対して、優先順位をつけて対応しましょう。

エンゲージメント向上施策が企業の風土に定着するためには、長期的に取り組むことが必要です。また、長期的な取り組みは、持続的な従業員エンゲージメント向上にも不可欠であるため、短期的な判断は禁物です。効果を測定する頻度や方法は、実行中にあらかじめ決めておきましょう。

4.効果測定・改善

実施したエンゲージメント向上施策の効果を測定し、評価します。従業員の満足度やモチベーション、離職率などの指標をもとに評価・分析し、改善計画をたてましょう。その効果を再評価することで継続的な改善を行ないます。

このように、継続してPDCAサイクルを回すことで、従業員のエンゲージメントを持続的かつ永続的に向上させることが期待できます。効果測定・改善を行なう際は、従業員の声に積極的に耳を傾けましょう。

エンゲージメント向上施策の成功事例

最後に、エンゲージメント向上の成功事例を1つ紹介します。
その企業では、従業員間のコミュニケーション不足から、入社1〜3年目の若手従業員の離職率が高く、特に1年目の従業員の離職が目立っており、兆候もないまま、突然離職の連絡が来るケースが散見されていました。

そこで、リモート産業保健のサービスを導入し、産業看護職の面談(オンラインを含む)をはじめとする従業員のカウンセリング体制を構築し、面談結果のフィードバックや兆候の早期発見を行なうことで、企業課題の解決を図りました。

その結果、産業看護職面談を受けている従業員の離職率の大幅な減少(営業職20%→0%、FA(フロア・アテンダント)職28%→8%へ)や突発的な離職がなくなったという結果が得られました。

また、社内での情報共有がスムーズに行なうことができるため、従業員の早期かつ適切なフォローが可能となり、人間関係による離職が減少したため、従業員間でのコミュニケーション意識の変化にも効果がみられています。

エンゲージメント向上施策に取り組んだことで、従業員の心理的安全性の確保やストレスの軽減、コミュニケーションの促進などを促し、従業員の定着を実現させた事例といえます。

リモート産業保健を導入した理由:導入事例

人事課として従業員のメンタルヘルス対策について調べていく中で、産業看護職の面談も効果があることを知り、他の類似するサポートと比較検討することになりました。リモート産業保健の方と商談を重ねた結果、より低いコストで自社の望んでいるサポートをしてもらえると感じたため、導入を決定いたしました。
特に、法令順守対応である産業医の選任がすばやくできる点、多くの従業員の面談を実施できる点、必要時に面談の結果を会社へフィードバックしてくれることで、情報連携がスムーズに行える点が弊社にとって魅力的だと感じました。

>>導入事例を詳しくみる

顧客満足度95%と契約企業の支持率も高いサービスですので、産業医選任や産業保健の体制構築からメンタルヘルス対策など、お困りの企業担当者はぜひご検討ください。

業種別リモート産業保健導入事例集
【関連お役立ち資料】

エンゲージメント向上の第一歩!メンタルヘルスケアならリモート産業保健

従業員が働きやすい職場環境であれば、ストレスや不安などの心理的な負担が少ない状態を維持できます。

その結果、安定して高いパフォーマンスを発揮することができたり、コミュニケーションが円滑になりやすくなったりするため、エンゲージメント向上を図る取り組みとして不可欠といえます。

リモート産業保健では、成功事例で紹介した産業看護職面談(オンラインを含む)はもちろん、メンタルヘルスケアの中心的役割を担う産業医の選任やストレスチェックの代行、職場巡視、衛生委員会の立ち上げ・運営支援など、充実したサポートを行なっております。

エンゲージメント向上施策の第一歩として従業員のメンタルヘルスケアに取り組む際は、リモート産業保健のサービスをご活用ください。

リモート産業保健サービス資料
【関連お役立ち資料】

まとめ

従業員のエンゲージメントは、従業員が企業や組織に対して信頼や愛着を持っているかを示す指標であり、高めることで企業の成長や対外的な信用の確保などのメリットを得られます。

従業員のエンゲージメントを高めるための施策や具体的なステップは本記事で紹介していますが、企業が従業員のニーズや関心を理解し、PDCAを繰り返し回しながら、迅速かつ誠実に対応することが重要です。

リモート産業保健では、産業保健活動の関連業務を通して、より健康で生産性の高い職場環境を構築することでエンゲージメント向上のための徹底したサポートやご提案を行なっております。まずはお気軽にご相談ください。

コンディションサーベイ
【関連お役立ち資料】

【エンゲージメント向上につながるサービス】

コンディションサーベイ従業員の心身を見える化!コンディションサーベイ健診DXサポート

【あわせて読みたい関連記事】

モチベーションを上げる方法11選!今日からできるコツとは?モチベーションを上げる方法11選!今日からできるコツとは?ワークエンゲージメントを向上させるには?測定方法や必要な理由、メリットを解説ワークエンゲージメントを向上させるには?測定方法や必要な理由、メリットを解説【仕事と生活の調和】ワークライフバランスの取り組み、企業事例を一挙紹介!-1.jpg【仕事と生活の調和】ワークライフバランスの取り組み、企業事例を一挙紹介!