産業医は誰に紹介してもらうべき?紹介会社を選ぶポイントも解説!

この記事の監修者

産業医や産業保健師など産業保健分野で活躍する専門家チーム

サンチエ編集部

産業医って何?職場で労働者の健康管理を行う医師のことです!

産業医という名前は職場で聞いたことがあるかもしれません。しかし、病院やクリニックなどで診察している医師とどのような違いがあるのか、また職場で実際にどのような業務ををしているのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

産業医は、病院やクリニックで診察をしている医師と同様に医師の資格を持っていますが、それだけでは産業医として業務を行う事はできません。産業医になるためには、職場で働く労働者の心とからだの健康管理や、職場の安全対策などについて、専門的な知識を習得するために、法律で定められた養成課程のある大学や、厚生労働省の研修などを修了する必要があります。

病院やクリニックの医師は、病気の治療を中心に業務を行っていますが、産業医は職場の状況に合わせて、労働者が心身ともに健康で働くことができる状態か、指導や助言を行っています。産業医は労働者の健康管理を行う医師と言えます。

従業員の健康を守るため!産業医の必要性

労働安全衛生法によって、常時使用する労働者が50人以上の事業場では、産業医を選任する義務が生じることが定められています。また、産業医の業務内容についても同法により定められています。

産業医は、労働者の健康を守るため、健康診断の結果から就業についての指導や助言を行い、
健康障害のある労働者に関しては、その原因や再発防止について指導を行います。

労働者が安全に働くことができるように、職場の中で危険な所がないか、直接職場を見て判断する職場巡視を行います。企業が労働者に対して適切な業務調整を行う事が出来るように、長時間労働者に対する面談や、休職前の労働者や復職後の労働者への面談、ストレスチェックの結果で高ストレスとなった労働者への面談などを行います。

健康管理というと個人で行うものと考えがちですが、昨今では長時間労働により脳疾患や心臓疾患の発症率が高くなるという報告もあり、労働者が就業することが可能な健康状態なのか、また、労働者が安全に作業を行える職場環境なのかについて、指導や助言を行う産業医の存在が重要となっています。

「専属」と「嘱託」の違いはある?産業医の異なる雇用形態

労働者の健康を守るために必要な産業医ですが、産業医の雇用形態には、「専属」と「嘱託」があり、どちらを選択したらよいのか分からないという方が多いのではないでしょうか。次に、専属産業医と嘱託産業医の違いについてお話しいたします。

嘱託産業医とは、病院やクリニックの医師が、日常の業務の傍らで産業医の業務を担っている場合が多く、非常勤の産業医です。それに対して専属産業医とは、文字通り専属の産業医のことで、産業医の業務を専門に行っています。

常時使用する労働者が50人以上、999人以下の事業場では、専属産業医ではなく、嘱託産業医1名の選任で問題ないとされています。

一方、専属産業医が必要となるのは、常時使用する労働者が1000人以上の事業場、または有害業務に従事している労働者が500人以上になる事業場となり、専属産業医1名を選任する必要があります。また、常時使用する労働者が3000人以上の事業場では、専属産業医を2名以上選任する必要があります。

労働安全衛生法では、労働者の人数が多くなるほど選任する産業医が増えることや、専属産業医、もしくは、嘱託産業医のどちらを選任する必要があるのかについて定められています。

選択肢がありすぎてわからない!産業医の紹介はどこに相談するべき?

職場に産業医が必要なことや、法律によって選任する義務があることなどについてお話ししてきましたが、実際に産業医を探す時にはどのようにすればよいのでしょうか。
産業医を探すには、医師会、健診機関、地域産業保健センター、産業医紹介会社へ相談する方法があります。それぞれについてお話しいたします。

医師会

医師会から紹介してもらう方法では、地域の産業医を紹介してもらうことができます。ただし、医師会によっては紹介を行っていない所もありますので、直接問い合わせをして確認をする必要があります。

医師会から産業医を紹介してもらった後は、産業医と事業場での契約となるため、産業医の交代が必要となった場合には、引き継ぎなどができず、1から産業医を探す必要があります。また、他の事業場で産業医を選任する場合(支店が他県になる場合など)、紹介を依頼する医師会が異なります。

健診機関

健診機関から紹介してもらう方法では、健康診断の申し込みと同時に産業医の紹介を申し込む事ができ、健診後、労働者に異常所見があった場合、医師からの意見聴取もスムーズに行うことができます。

しかし、健診機関に所属している産業医の人数が少ないため、メンタルヘルス不調などにより、産業医との面談が必要となった場合、実施までに時間がかかることがあります。また、産業医の紹介を行っていない健診機関もあるため、まずは、各健診機関へ直接問い合わせて確認をする必要があります。

地域産業保健センター

地域産業保健センター(地さんぽ)とは、独立行政法人労働者健康安全機構が運営している機関です。地域産業保健センターから紹介してもらう方法ですが、常時使用する労働者が50人未満の小規模事業場とそこで働く労働者が対象です。
地域産業保健センターを活用することで、労働安全衛生法で定められた産業医による面談指導や、産業保健サービスを無料で利用できます。しかし、毎回同じ産業医に担当してもらうことは難しく、利用できる回数や人数についても制限がある場合があります。

産業医紹介会社

産業医紹介会社から紹介してもらう方法では、登録をしている産業医の中から、事業場の特徴やニーズに合わせて紹介してもらうことができます。また、多くの紹介会社では料金が明確に示されているため、安心してご利用いただけます。

産業医紹介会社の規模にもよりますが、全国に支店のある企業の場合、一括で紹介と選任を依頼する事が可能です。産業保健活動のサポートを行っている会社であれば、産業看護職がおり、企業で行う産業保健業務の負担が軽減できる場合もあります。

常時使用する労働者が50人以上となった事業場では、はじめて産業医を選任することになります。産業医の紹介先もさまざまあり、企業の産業保健担当の方が、日常の業務を行いながら探すことになるため、分からないことが多く、時間と手間がかかります。産業医を選任した後の負担なども考慮すると、産業医紹介会社への相談をおすすめいたします。

産業医・産業医紹介会社を選ぶ際の重要ポイント

では、実際産業医を選ぶ際、どのように選ぶと良いのでしょうか。
産業医を探す際、まずは自社のニーズに合った産業医かどうか考えなければなりません。はじめての選任であれば、コミュニケーションがとりやすいなども、選ぶ際の重要なポイントです。

産業医紹介会社で探す場合であれば、企業のニーズや事業場の特徴などを確認した上で、登録されている産業医の中から、企業のニーズに合った産業医を紹介してもらうことができ、企業の負担を軽減することが可能です。

しかし、近年産業医紹介会社が急増しているため、どの会社を選べばよいのか分からないと言うのが現状ではないでしょうか。産業医紹介会社は、サービスの内容もさまざまであることから、産業医を選任した後、企業としてより効率的に産業保健業務を行うことができるかどうか、産業保健担当者の負担軽減となる看護職が介入するサービスがあるか、などについても選ぶ際の重要なポイントと言えます。