富山県で産業医を探す方法や産業医事情を一挙公開!

産業医 富山

この記事の監修者

産業医や産業保健師など産業保健分野で活躍する専門家チーム

サンチエ編集部

常時、50人以上の従業員がいる事業所は産業医がいなければいけません。しかし、探し方が分からないという声もあります。そこでこの記事では、産業医の役割や仕事内容、富山で産業医を紹介してもらう方法をご紹介します。

産業医の役割・仕事内容って?

産業医は、従業員の健康管理をする役割があります。産業医は、医師免許だけではなく必要な要件をクリアしていなければ名乗ることができません。具体的な産業医に必要な要件は、労働安全衛生法に記載されています。

■安衛則第14条第2項■

  1. 厚生労働大臣が定める産業医研修の修了者。 これに該当する研修会は日本医師会認定の産業医学基礎研修と産業医科大学の産業医学基本講座があります。
  2. 労働衛生コンサルタント試験(試験区分保健衛生)に合格した者。
  3. 大学において労働衛生を担当する教授、助教授、常勤講師の職にあり、又はあった者。
  4. 産業医の養成課程を設置している産業医科大学その他の大学で、厚生労働大臣が指定するものにおいて当該過程を修めて卒業し、その大学が行う実習を履修した者。

【引用元:公益社団法人東京都医師会】

事業場は従業員数が50人以上になると産業医を選任し、最寄りの労働基準監督署に届け出なければいけません。もし、守らなければ罰金が科せられます。

よって、従業員の健康管理は個人の問題だけではなく、事業場の問題としてかかわることが大切です。そのため、従業員が健康にそして衛生的に就業できるように産業医を選任してください。産業医は、事業場の規模によって専属産業医と嘱託産業医に分類できます。

専属産業医

・常時、1000人以上の従業員を使用する事業場
・有害業務に従事している従業員が常時500人以上いる事業場

嘱託産業医(非常勤)

・常時、従業員数が50人以上で999人以下の事業場

有害業務とは以下の内容が該当します。

  • 多量の高熱物体を取り扱う業務及び著しく暑熱な場所での業務
  • ラジウム放射線、エックス線、その他の有害放射線にさらされる業務
  • 重量物の取扱い等重激な業務
  • 深夜業を含む業務 など

仕事内容

専属産業医と嘱託産業医に分類できますが、仕事内容は同じです。詳しくは労働安全衛生規則(第14条第1項)で下記のように定められています。

  1. 健康診断の実施とその結果に基づく措置
  2. 長時間労働者に対する面接指導・その結果に基づく措置
  3. <ストレスチェックとストレスチェックにおける高ストレス者への面接指導その結果に基づく措置/li>
  4. 作業環境の維持管理
  5. 作業管理
  6. 上記以外の労働者の健康管理
  7. 健康教育、健康相談、労働者の健康の保持増進のための措置
  8. 衛生教育
  9. 労働者の健康障害の原因の調査、再発防止のための措置

【引用元:厚生労働省 中小企業者の為に産業医ができること】

産業医の仕事内容は産業医だけで行う内容ばかりではありません。仕事内容によっては、その他の産業保健スタッフと協力しながら行います。また、従業員の健康は、職場環境によっても影響を受けます。そのため、産業医の職場巡視は少なくとも1回/月は実施することが決められています。

そして、職場巡視を行った結果、従業員の作業方法や衛生状態に有害のおそれがある事由を発見した場合は、改善するように指導を行わなければいけません。その後、再度、職場巡視をして改善されているか確認します。職場巡視は、産業医が1人で行うわけではありません。2ヶ月に1回産業医の職場巡視を行ったり、職場巡視を実施する職場の責任者や保健スタッフなども一緒に対応をします。

たとえば、保健師・職場巡視を行う職場の責任者・産業保健を担当する部署の従業員などと一緒です。その他の仕事は記録作成や助言、復職支援など事業場ごとに依頼される仕事もあります。

富山県の産業医事情を紹介!産業医の需要が多い?

2021年に日本医師会が発表した調査結果によると、富山県にいる産業医の人数は347人でした。一方、50人以上の従業員がいる事業場は1,323件。これは、産業医1人当たり3.81件の事業場を担当しなければいけません。よって、全国的に見ても産業医1人にかかる負担が大きいと言えます。

富山県は「卸売業・小売業」が13,858事業所、「建設業」が5,798事業所、「宿泊業、飲食サービス業」が5,654事業所の順に多いという結果があります。また、「卸売業・小売業」では転倒災害が多く、心の健康問題での休職者・退職者がいたり、心の健康問題が発生していたりしています。このように、事業場での災害に対応する産業医が必要とされています。

産業医必見!富山の産業医研修会事情を紹介

産業医は、従業員のフィジカルとメンタルの両方を診ていかなければいけません。通常、病院ではそれぞれ専門が決まっています。そのため、富山産業保健支援センターでは産業医のための研修を定期的に行っています。ある年の研修では以下の内容を実施しています。

研修会実施日程 産業医研修会内容
2022年3月17日(木)13:30~16:00 With/Afterコロナ時代に求められる職場のメンタルヘルス~個人と組織を支える“関わり合う力”~
2022年2月24日(木)19:30~21:00 医療機関における産業保健活動2
2022年1月27日(木)19:30~21:00 コロナ禍のメンタル不調者について
2022年1月24日(月)19:30~21:00  コロナ禍における産業医活動の実際
2022年1月13日(木)19:30~21:00 COVID-19対策の最前線
2021年12月16日(木)19:30~21:00 産業医が知っておくべきメンタルヘルス対策(ハラスメント・判例・労災認定基準)
2021年12月9日(木)19:30~21:00 健康経営について
2021年12月2日(木)【夜】19:30~21:00 産業保健 -最近のトピックから-

【参照元:富山産業保健総合支援センター 産業医研修会】

産業医研修会に参加する場合は、富山産業保健総合支援センターの同じページから申し込みが可能です。

富山で産業医を探す場合はどうしたら良い?

富山で産業医を探す場合、さまざまな方法があります。ここでは、富山県で産業医を探す方法をご紹介します。

富山県医師会

富山県医師会を利用する方法です。富山県医師会は、産業医を探している事業場のために産業医資格を持つ医師名簿を公開しています。そのため、誰でも閲覧可能です。

また、富山県内で産業医と契約を結ぶ場合、富山県医師会は富山県医師会を立会人として契約することを推奨しています。詳しい産業医と契約する際の注意事項は下記を参考にしてください。

(1)企業は事業所と産業医資格を持つ会員との適切な契約のため、富山県医師会を立会人とする産業医契約を結ぶこと
(2)契約にあたっては富山県医師会が公開している産業医契約書(参考例)をご覧のうえ、実情に応じた内容での契約書を作成すること。
(3)産業医名簿の産業医の欄に「○」 のある医師は現在新規の産業医契約が可能であること

【引用元:富山県医師会_県民の皆様へ”産業医をお探しの皆さまへ”】

富山県医師会では産業医の斡旋を行っていないとされています。そのため、産業医を探している事業場は認定産業医名簿を確認し、事業場から直接、依頼したい・話をしたいなど希望する産業医にご相談ください。

健診施設や病院に依頼する

健診施設や病院に依頼することも方法のひとつです。健診施設や病院からの紹介であれば、付き合いがあるため安心して依頼できます。日頃、健診で関わっている医師が産業医となった場合、従業員が知っているため産業医に相談しやすかったり、産業医が事業所のことをしっていたりすることがメリットです。健診施設側や病院側も紹介しやすくなるため、適した医師を紹介してもらえる可能性があります。

ただし、健診施設や病院が産業医と契約していることが前提です。そのため、紹介が可能か確認をしてみましょう。

医師会に相談をする

地域の医師会に相談をしましょう。医師会であれば地域の医師が在籍しているため、同じ地域の産業医を紹介してもらえます。

ただし、医師会はあくまで紹介するのみです。報酬の交渉や職務内容の打ち合わせなどは、企業側と産業医が直接話し合わなければいけません。また、医師会は紹介はしますが、企業に合った産業医は企業判断になり、さらに、事業場が産業医にさまざまな交渉をしなければいけません。そのため、選任までに時間と労力が必要です。

産業医紹介会社を利用する

産業医紹介会社とは、産業医を専門に紹介する会社です。利用するメリットは、企業に合った産業医を紹介してくれることや、産業医の雇用形態・報酬といったことが相談しやすいことです。さらに、契約後のフォローを派遣会社がしてくれます。

ただし、派遣会社を通すため手数料が発生します。多くの場合は、産業医の採用をしてから発生するため、産業医が見つからなかった場合は払う必要はありません。

人事労務必見!富山で産業医を探すならエス・エム・エスのリモート産業保健

富山でもさまざまな方法で産業医を探すことができます。エス・エム・エスのリモート産業保健は、産業医と産業看護職の2名体制で、ICTを利用し訪問とリモートとの組み合わせで提供するサービスです。

人事労務必見!富山で産業医を探すならエス・エム・エスのリモート産業保健

サービスの内容は以下の通りです。

産業医選任や訪問・オンライン面談対応

産業医が貴社に訪問し、法定業務を行います。

  • 定期健診の事後措置
  • 高ストレス者の面談
  • 過重労働面談、休職復職面談にも対応
  • 安全衛生委員会の出席
  • 職場巡視などその他法定業務
    ※産業医面談のスポット対応も承っております。

産業看護職サポート

産業看護職がリモート(訪問応相談)で対応することで、人事担当者の業務負担軽減と従業員のメンタルケアを実現します。

  • メンタル不調者面談
  • 従業員や担当者の健康・悩み相談
  • 衛生委員会のサポート(司会進行や議事録作成)
  • 産業保健の実務相談
  • 各種記録作成支援

Web版ストレスチェック代行が無料

リモート産業保健を契約すると、Web版ストレスチェックが無料で提供されています。
年に1回実施義務のあるストレスチェックが企業のコスト負担なく従業員のストレス度合いを把握することが可能です。

衛生委員会の立上げ·運営支援が無料

事業場の従業員数が50人以上になり、何から手をつけていいかわからない企業担当者にも安心です。
リモート産業保健なら、衛生委員会の立ち上げや運営サポートを月額3万円から行っているため、
低コストで、法定義務を網羅的に対応可能です。

エス・エム・エスのリモート産業保健に登録をしている産業医や産業看護職は、遠隔指導のノウハウをはじめとしたさまざまな研修を受けています。そのため、法定義務を遵守し低コストでサービスを提供できます。